福岡県 福岡市 離婚協議書を公正証書で作成 養育費・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・子供との面接など離婚条件を公正証書で作成
福岡県福岡市の行政書士平塚事務所が離婚協議書・公正証書作成をサポート・支援します。

離婚協議書作成支援室
行政書士平塚事務所の総合ホームページ  行政書士平塚のブログ   事務所までの地図 

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。  電話:092(737)8830

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円     事務所までの地図

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。

 |トップページお問い合わせ・お申し込みお客様の声料金について事務所案内提携の専門家 |

離婚協議書について

協議離婚とは

離婚前に決めるべきこと

離婚協議書を公正証書で作成するメリット

養育費について

慰謝料について

財産分与について

   
強制執行とは

強制執行手続きの流れ
・公証役場での手続き
・裁判所への申立
・費用(公証役場及び裁判所)

年金分割について
 
離婚時の年金分割の合意書

年金分割手続きについて


離婚届について
 
離婚届の書き方

離婚届を出すときの4つのポイント

離婚の際に称していた氏を称する届

母親と子供を同じ戸籍にする方法

離婚成立後の届出について
 
離婚後の各種申請手続き

離婚後の役所手続き
 
私文書の認証について
 
私文書の認証とは
・認証の効力
・対象となる文書
・手数料

私文書認証の活用ケース

業務の流れについて
 
業務の流れについて
・公正証書
・私文書の認証
・一般の離婚協議書


依頼するメリット
 
当事務所に依頼するメリット


提携している専門家
 
提携している専門家

ご準備いただくもの
 
ご準備いただくもの

料金について
 
料金について
・公正証書原案の作成
・公正証書の作成
・私文書の認証
・一般の離婚協議書


公証役場の手数料について


<強制執行について>

強制執行とは、公正証書で決められた約束事が守られなかった場合に、裁判所に申し立てて、その手続き実行してもらい、履行を確保する手段です。

公正証書の強制執行の場合、公正証書により契約されたお金の支払いを国(裁判所)に差し押さえてもらい取り立てることになります。

公正証書による強制執行の場合、基本的に養育費や慰謝料などの金銭的なものに限定されています


<強制執行の前のチェック>

公正証書により強制執行手続きをスタートする前のチェック事項です。

○債務名義をもっているか
債務名義とは、金銭の支払いの契約内容(支払いを滞った場合は強制執行される)を明らかにした公正証書のことです。

○相手の現住所を把握しているか
現在の住居地を把握していることが重要になります。
現在の住居が不明の場合は強制執行の手続きが行えませんので、相手の居住地を調査する必要があります。

*公正証書を作成する際に、金銭の支払期間中に「住居」「勤務先」が変更になった際はその詳細を速やかに連絡するという約束を盛り込んでおくとよいです。

○相手の財産(勤務先)を把握しているか

強制執行は相手の財産を国が取り上げてもらう制度ですが、どの財産を対象とするかは、申立側が特定する必要があります。

強制執行の対象になる代表的な財産
◆預貯金
◆給与

預貯金(銀行名・口座番号など)及び給与(勤務先)の状況を把握をしていなければ強制執行を行うことができませんので、財産状況を把握していることがとても重要です。

*離婚協議書の公正証書の作成の場合は、強制執行を見据え、離婚前にご主人名義の預貯金口座の状況を事前に把握(記録)しておくと良いかと思います。



無料相談、お問い合わせ・お申込みはお電話や下記のフォームからお願い致します。

電話:092(737)8830   事務所までの地図

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。 

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。




当事務所運営サイト行政書士平塚事務所の総合ホームページ

【会社・ビジネス】
○株式会社設立 ○合同会社設立 ○会社変更手続き ○電子定款作成 ○定款変更・議事録作成

○事業資金調達 ○事業計画書作成 ○ビジネス契約書作成

【許認可】
○建設業許可 ○風俗営業許可 ○平面図作成 ○登記されていないことの証明書取得

【遺産相続・遺言】
○遺産相続手続 ○遺産分割協議書作成 ○公正証書遺言作成 ○自筆(手書き)遺言書作成

○遺言執行手続きサポート ○郵便貯金相続手続 ○相続財産目録作成 ○戸籍謄本取寄

【公正証書・離婚】
○公正証書作成  ○離婚協議書作成  ○金銭消費貸借契約書作成 

【示談・内容証明書】
○示談書・合意書・和解契約書作成  ○内容証明書作成

 〒810-0073
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太(ひらつかけいた)
営業時間:10時~17時<月~土曜日>日、祝日休み
電話:092-737-8830 FAX:092-737-8890
福岡県行政書士会所属
行政書士登録番号:第06400693号
E-mail:info@hiratsuka-office.com
CopyRight(C)2016行政書士平塚事務所 All Right Reserved